雲を紡‪ぐ‬

    • 5.0 • 2件の評価
    • ¥800
    • ¥800

発行者による作品情報

壊れかけた家族は、もう一度、一つになれるのか?

第8回高校生直木賞(2021)受賞作!


羊毛を手仕事で染め、紡ぎ、織りあげた「時を越える布・ホームスパン」をめぐる親子三代の「心の糸」の物語。

いじめが原因で学校に行けなくなった高校2年生・美緒の唯一の心のよりどころは、祖父母がくれた赤いホームスパンのショール。

ところが、このショールをめぐって母と口論になり、美緒は岩手県盛岡市の祖父の元へ行ってしまう。

美緒は、祖父とともに働くことで、職人たちの思いの尊さを知る。

一方、美緒が不在となった東京では、父と母の間にも離婚話が持ち上がり……。


「時代の流れに古びていくのではなく、熟成し、育っていくホームスパン。

その様子が人の生き方や、家族が織りなす関係に重なり、『雲を紡ぐ』を書きました」と著者が語るように、読む人の心を優しく包んでくれる1冊。


文庫版特典として、スピンオフ短編「風切羽の色」(「いわてダ・ヴィンチ」掲載)を巻末に収録。


文庫解説・北上次郎


※この電子書籍は2020年1月に文藝春秋より刊行された単行本の文庫版を底本としています。

ジャンル
小説/文学
発売日
2022年
9月1日
言語
JA
日本語
ページ数
432
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
3.3
MB

伊吹有喜の他のブック

2016年
2011年
2020年
2020年
2018年
2015年