シャイロックの子供た‪ち‬

    • 3.9 • 254件の評価
    • ¥680
    • ¥680

発行者による作品情報

「半沢直樹」シリーズのドラマ化で大ブレイクした著者が、「ぼくの小説の書き方を決定づけた記念碑的な一冊」と語る本作。とある銀行の支店で起きた現金紛失事件。女子行員に疑いがかかるが、別の男が失踪!? “叩き上げ”の誇り、格差のある社内恋愛、家族への思い、上がらない成績……事件の裏に透ける行員たちの人間的葛藤。銀行という組織を通して、普通に働き、普通に暮らすことの幸福と困難さを鮮烈に描いた傑作群像劇。

ジャンル
小説/文学
発売日
2008年
11月10日
言語
JA
日本語
ページ数
340
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
1.7
MB

カスタマーレビュー

ぱそみー

面白い!

読み始めたら一気に読んでしまいたくなる面白さがあります!
あと登場人物が多いので相関図とかを書きながら読むといいかもしれません。

deckie72

どんでん返し

最後まで一気に読み進めた。面白いけど、なにかちょっと憂鬱な感情を残すエンディングだった。。

池井戸潤の他のブック

2012年
2014年
2013年
2012年
2020年
2015年

カスタマーはこんな商品も購入

2013年
2017年
2017年
2016年
2013年
2013年