発行者による作品情報

明治時代の日本の詩人、童話作家である宮沢賢治の文学・評論。「双子の星」は底本の「「新編 銀河鉄道の夜」新潮文庫、新潮社」では「読み物・童話・文学」としてまとめられている。本書で登場するのは、「双子の星 一」「双子ふたごの星 二」の2つ。

ジャンル
小説/文学
発売日
1993
6月16日
言語
JA
日本語
ページ数
21
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
20.2
KB

カスタマーレビュー

食事より読書

大人でも楽しめると思います。

もっと子供の頃に読みたかった!
自分の子供ができたら、ぜひ一緒に読みたい。童話なのになぜか心に残った。

榊原

やっぱりいい

宮沢賢治は いつ読んでも何を読んでも美しい

宮沢賢治の他のブック