菜の花の沖(三‪)‬

    • 4.7 • 3件の評価
    • ¥700
    • ¥700

発行者による作品情報

蝦夷地の主・松前藩は、アイヌの人びとを酷使して豊富な海産物を独占していたが、この内実を他に知られるのを恐れ、北辺にせまる大国ロシアの足音を聞きながら、それをも隠し続けた。漸くにして嘉兵衛が巨船を作り上げ、憧れのかの地を踏んだころから、情勢は意外な展開をみせ始めた。幕府が東蝦夷地の経営に乗り出したのだ。

ジャンル
小説/文学
発売日
2000年
9月10日
言語
JA
日本語
ページ数
432
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
850.1
KB

司馬遼太郎の他のブック

1998年
1998年
1998年
1999年
1998年
1998年

カスタマーはこんな商品も購入

2019年
2019年
2012年

このシリーズの他のブック

2000年
2000年
2000年
2000年
2000年