発行者による作品情報

この作品は書いている、梶井基次郎(かじい もとじろう、1901年(明治34年)2月17日 - 1932年(昭和7年)3月24日)は、日本の小説家。感覚的なものと知的なものが融合した簡潔な描写と詩情豊かな澄明な文体で、20篇余りの小品を残す。文壇に認められてまもなく、31歳の若さで肺結核で没した。死後次第に評価が高まり、今日では近代日本文学の古典のような位置を占めている。
この作品は底本の「現代日本文学全集 43」では「文芸評論」としてまとめられている。初出は1954(昭和29)年5月25日。

ジャンル
小説/文学
発売日
1958
5月26日
言語
JA
日本語
ページ数
7
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
14.4
KB

梶井基次郎の他のブック