発行者による作品情報

この作品は書いている、坂口安吾(さかぐちあんご、1906年(明治39年)10月20日-1955年(昭和30年)2月17日)は、日本の小説家、評論家、随筆家。本名は坂口炳五(さかぐちへいご)。『不良少年とキリスト』は底本の「坂口安吾全集06」では「文芸評論」としてまとめられている。初出は「新潮第四五巻第七号」1948(昭和23)年7月1日。

ジャンル
小説/文学
発売日
1952
7月2日
言語
JA
日本語
ページ数
24
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
20.5
KB

カスタマーレビュー

智絵里ちゃん推しの女子p

なんかすごい

学校の先生に勧められて読みました。
坂口安吾は初めて読んだけれど、すごい。

ゆsa7

素晴らしい

太宰の自殺についてと、文学者の有り様について面白おかしさも交えて彼なりに、とても真面目に書かれたもの。言葉の節々から熱意を感じた。とてもいいと思う。勉強になった。

tonsei

「斜陽」を読んだ後に

太宰治の「斜陽」を読んだ後に読むとこれまた感慨深い。

坂口安吾の他のブック