• ¥100

発行者による作品情報

夏目漱石の「坊っちゃん」の本文とオーディオブックをセットにしました。

実際に目を追って読書できることはもちろん、ランニング中などでも耳から聞くこともできます。
全部で4時間に及ぶ朗読は、MP3ファイルでダウンロードでき、お使いの端末の機能でスピードなど自由に調整することもできます。
夏目漱石の傑作、「坊っちゃん」を、目と耳からお楽しみください。

「『坊つちやん』は、夏目漱石による日本の中編小説。現代表記では、『坊っちゃん』となる。
1906年、『ホトトギス』第九巻第七号(4月1日発行)の「附録」として発表。1907年1月1日発行の『鶉籠』(春陽堂刊)に収録された。その後は単独で単行本化されているものも多い。
主人公は東京の物理学校を卒業したばかりの江戸っ子気質で血気盛んで無鉄砲な新任教師。登場する人物の描写が滑稽で、わんぱく坊主のいたずらあり、悪口雑言あり、暴力沙汰あり、痴情のもつれあり、義理人情ありと、他の漱石作品と比べて大衆的であり、漱石の小説の中で最も多くの人に愛読されている作品である。」
(Wikipediaより)

※実際の本文と朗読が若干異なる場合があります。

ジャンル
小説/文学
発売日
2018
8月13日
言語
JA
日本語
ページ数
162
ページ
発行者
Micpub.com
販売元
StreetLib Srl
サイズ
5.7
MB

夏目漱石の他のブック

このシリーズの他のブック