• ¥710

発行者による作品情報

2011年、国はニートと呼ばれる若者たちを“世の中のゴミ”として流罪にする法律を制定した。ある日突然、孤島に“棄民”された章弘と五人の若者たち。刑期は500日。絶えず襲いかかる敵の襲撃と飢餓の恐怖。生死を賭けたサバイバルの中で、仲間同士の裏切り、殺し合い、そして友情と恋愛。この島から、いったい何人が生きて出られるのか。

ジャンル
小説/文学
発売日
2012
12月19日
言語
JA
日本語
ページ数
324
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
2.1
MB

カスタマーレビュー

すぱムン

最高

いや〜中学生ぶりに山田悠介読んで見たらやっぱり面白い

かたやはなだやはた

泣けたT^T

なんか頭がもやもやする。
大切な人が失った時はまじで泣いた。
最後もハッピーエンドでいい。

名無しさまw

いいね!

いいっね!
( ´ ▽ ` )ノ

山田悠介の他のブック