• ¥490

発行者による作品情報

優奈は、大学のテニスサークルの仲間七人とともに、見知らぬ部屋に拉致された。一つだけあるドアは施錠されている。突然、壁穴から水が噴き出した。瞬く間に水位は喉元まで……。溺死を免れるには、一人が部屋に残り、ドアの開錠のスイッチを押し続けるしかない。誰が犠牲になる? 人間の本性を剥き出しにした、壮絶な殺人ゲームが始まった。

ジャンル
小説/文学
発売日
2012
12月19日
言語
JA
日本語
ページ数
119
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
1.4
MB

カスタマーレビュー

ハート♥️

いいね

1人死ななければ、、
っていうのが怖くて山田さんの作品って
感じで面白い!

山田悠介の他のブック