猫と村‪正‬

    • 4.0 • 2件の評価

発行者による作品情報

『猫と村正』は、明治(1890年10月8日)- 昭和(1929年4月1日)は、日本の医学者、随筆家、翻訳家、推理作家、小酒井不木の作品。別名「鳥井零水」。初出は「週刊朝日特別号」1926(大正15)年7月号。主人公は「母危篤きとくすぐ帰れ」という電報を受取ったため、郷里名古屋へ帰る。

ジャンル
小説/文学
発売日
1930年
7月2日
言語
JA
日本語
ページ数
18
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
17.8
KB

小酒井不木の他のブック

1931年
1932年
1930年
2002年
1930年
1929年

カスタマーはこんな商品も購入

1933年
1937年
1932年
1895年
1944年
1943年