発行者による作品情報

この作品の作家は、小酒井 不木(こさかい ふぼく、本名:小酒井 光次(こさかい みつじ)、1890年10月8日 - 1929年4月1日)は医学者,小説家。愛知県生れ。本名光次。1914年東京帝大医学部卒。森下雨村の勧めで《新青年》に〈犯罪文学研究〉などの論考を発表したのをきっかけに,海外の探偵小説の翻訳(チェスタートンの《紅雀の樹》など),創作(《恋愛曲線》)も行う。(1890-1929)この作品は底本の「ある自殺者の手記」では「文芸 › 評論・文学研究」としてまとめられている。

ジャンル
小説/文学
発売日
1931
9月2日
言語
JA
日本語
ページ数
10
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
12.2
KB

カスタマーレビュー

touma@

引き込まれる

短いし、引き込まれるので、あっという間に読めます。

小酒井不木の他のブック