ある自殺者の手‪記‬

    • 3.9 • 437件の評価

発行者による作品情報

この作品の作家は、小酒井 不木(こさかい ふぼく、本名:小酒井 光次(こさかい みつじ)、1890年10月8日 - 1929年4月1日)は医学者,小説家。愛知県生れ。本名光次。1914年東京帝大医学部卒。森下雨村の勧めで《新青年》に〈犯罪文学研究〉などの論考を発表したのをきっかけに,海外の探偵小説の翻訳(チェスタートンの《紅雀の樹》など),創作(《恋愛曲線》)も行う。(1890-1929)この作品は底本の「ある自殺者の手記」では「文芸 › 評論・文学研究」としてまとめられている。

ジャンル
小説/文学
発売日
1931年
9月2日
言語
JA
日本語
ページ数
10
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
12.2
KB

カスタマーレビュー

Kurou Nishidate

How much do I need to get

Not really but it was the first thing my friend did

らはぬさ

さあ早く

な傘を持ったんだ。

Chiyo Yabuki

はちるあからからな

はあらきらから

小酒井不木の他のブック

1930年
2015年
1931年
1932年
1931年
1930年

カスタマーはこんな商品も購入

1938年
1950年
1960年
1964年
2013年
1993年