葬儀‪記‬

    • 3.5 • 2件の評価

発行者による作品情報

『葬儀記』は、明治時代の日本の小説家芥川龍之介。本名同じ、号は澄江堂主人、俳号は我鬼。この作品は底本の「「羅生門・鼻・芋粥」角川文庫、角川書店」では「日本の小説」としてまとめられている。

ジャンル
伝記/自叙伝
発売日
1939年
10月2日
言語
JA
日本語
ページ数
8
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
11.8
KB

芥川龍之介の他のブック

1919年
1922年
1990年
1999年
1924年
1928年

カスタマーはこんな商品も購入

1944年
1943年
1938年
1984年
1993年
1992年