• ¥800

発行者による作品情報

幼い頃に母親を亡くし、父とも海外赴任を機に別れ、継母を選んだ優子。

その後も大人の都合に振り回され、高校生の今は二十歳しか離れていない“父”と暮らす。

血の繋がらない親の間をリレーされながらも、

出逢う家族皆に愛情をいっぱい注がれてきた彼女自身が伴侶を持つとき――。

大絶賛の2019年本屋大賞受賞作。


解説・上白石萌音


※この電子書籍は2018年2月に文藝春秋より刊行された単行本の文庫版を底本としています。

ジャンル
小説/文学
発売日
2020
September 2
言語
JA
日本語
ページ数
432
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
943.3
KB

カスタマーレビュー

プリリンプー

やっぱりよかったぁ〜

親がコロコロ変わるなんて耐えられない暗〜い設定になりそうなのに、重くない。相変わらず悪人はいない。いい具合に軽くい。でも最後は涙、涙で読み終わった
ブックカバーの緑と、オレンジのバトンの上に女の子の顔がちょこり。かわいい〜
瀬尾まいこさん、大好き!

jiji036

父親

読後にスッキリした感覚が!

kame0037

おもしろかったです。

最初は、進みが悪かったけど、読むつれて面白くなっていきました。改めて周りの人達に感謝の気持ちを持たないといけないと思いました。他の作品も読んでみたいです。

瀬尾まいこの他のブック