恩讐の彼方‪に‬

    • 4.4 • 170件の評価

発行者による作品情報

明治・昭和時代の小説家、劇作家、ジャーナリストである菊池寛の小説。主人である旗本・三郎兵衛を殺害し、逃亡した下男・市太郎だが、良心の呵責に囚われ出家する。一方、大人に成長した三郎兵衛の倅・実之助は、敵討の旅へ出発するが…。「主(しゅ)を打って立ち退いた非道の汝(なんじ)を打つ為に、十年に近い年月を艱難(かんなん)の裡(うち)に過したわ。ここで会うからは、もはや逃れぬところと尋常に勝負せよ」。

ジャンル
小説/文学
発売日
1992年
3月26日
言語
JA
日本語
ページ数
40
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
37.3
KB

カスタマーレビュー

アジ!!

こんな風には生きられないかなぁ

地味ですが、信念を持って強く生きるのに憧れます。

池沢林野

日本のハードボイルド

ハードボイルド(?)な雰囲気すら漂う男の渋い世界観最高。

あ〜もぉ〜

いい

と思います。

菊池寛の他のブック

1991年
1933年
1953年
1932年
1932年
1931年

カスタマーはこんな商品も購入

1956年
1973年
1931年
1972年
1895年
1900年