発行者による作品情報

「硯友社の沿革」は慶応から明治時代にかけて活躍した日本の小説家である尾崎紅葉の作品。初出は「新小説 第6年第1巻」[1901(明治34)年]。この作品で、作者は明治期の文学結社である硯友社の沿革について話している。

ジャンル
伝記/自叙伝
発売日
1905
1月1日
言語
JA
日本語
ページ数
37
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
29.4
KB

尾崎紅葉の他のブック