西郷隆‪盛‬

    • 3.7 • 125件の評価

発行者による作品情報

この作品は書いている、芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ、1892年(明治25年)3月1日-1927年(昭和2年)7月24日)は、日本の小説家。この作品は底本の「芥川龍之介全集2」では「日本の小説・物語」としてまとめられている。初出は「新小説」1918(大正7)年1月。

ジャンル
小説/文学
発売日
1922年
1月2日
言語
JA
日本語
ページ数
20
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
19.8
KB

カスタマーレビュー

どみん爺

普通

まぁ普通かな

アジ!!

オチなんか要らなかったのに

途中まで、ワクワク感がありましたが……

淡島トモさん

西郷隆盛の縁者より

非常に愉快な作品である、漱石は面白い作家であったとは、今後ももっと読みたい。

芥川龍之介の他のブック

1919年
1922年
1990年
1999年
1924年
1928年

カスタマーはこんな商品も購入

1952年
1914年
1943年
2015年
1889年
1920年