風野又三‪郎‬

    • 4.3 • 10件の評価

発行者による作品情報

「風野又三郎」は大正から昭和時代の童話作家、詩人である宮沢賢治の童話。生前未発表。夏休みが終わった9月1日、二百十日の風の日に、教室へやってきた赤毛の男の子と嘉助たちとの葛藤と友情の話。みんなから名前を問われて「風野又三郎」と名乗る。先生には「風野又三郎」が見えない形態。又三郎は、自分の行ったところや見てきたことを一方的に子供たちに話す。子供たちは興味深くそれを聞く。しかし十日目、一郎は又三郎が飛び去るのを目にする。

ジャンル
小説/文学
発売日
1999年
2月2日
言語
JA
日本語
ページ数
57
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
50.2
KB

宮沢賢治の他のブック

1993年
1928年
2013年
1993年
1990年
1990年

カスタマーはこんな商品も購入

2013年
1930年
2013年
1935年
2015年
1919年