発行者による作品情報

「源氏物語 ー 帚木」は平安時代にかけて活躍した女性作家、歌人である紫式部の作品。全54帖の第2帖「帚木」。五月雨の日、葵の兄・頭中将が女性の品定めを始める。左馬頭、藤式部丞も加わってそれぞれの体験談を話すが、その間も源氏はただ一人の恋しい人・藤壺を思っている。翌日、紀伊守の家で源氏は、伊予介の妻・空蝉に興味が湧く。「中流階級が一番良い」という話を思い出し、空蝉の寝間へ忍んでいき一夜を共にする。心奪われた源氏は再会を望むが、人妻である空蝉はかたくなに拒む。

ジャンル
小説/文学
発売日
1975
8月11日
言語
JA
日本語
ページ数
47
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
35.5
KB

紫式部 & 与謝野晶子の他のブック